ホーム > ルイ・ヴィトンのブランドバッグ

「ブランドバッグ」といえばルイ・ヴィトン!

「ブランドバッグといえばルイ・ヴィトン!」と言っても過言ではないくらいクオリティ&知名度ともに有名ブランド。

「モノグラム」という言葉を聞けば単に幾何学模様ではなくルイ・ヴィトンを思い浮かべる人も少なくないはず。

元々は、フランスのスーツケース職人ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton、1821年8月4日 – 1892年2月28日)が創始したファッションブランド。

世界でもっとも有名な巨大ブランドグループでもあるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループの中核を担うブランドでもあります。

ヴィトンといえば「モノグラム」が定番

日本ではルイ・ヴィトンを代表する商品ラインナップとして知られています。

創業者ルイ・ヴィトンのイニシャル「L」と「V」を重ね合わせた幾何学文様をキャンバスに使用しているのが特徴で、1896年に初めて商品化されて以来、絶大な人気を誇っています。

他のラインナップのほとんどに「モノグラム」が使用されています。

モノグラムという言葉自体は以前からありましたが、「モノグラム=ルイ・ヴィトン」というくらいの認知度があります。

最近の人気ラインナップ「ダミエ」

人気を集めているルイ・ヴィトンの「ダミエ」。

ダミエの特徴としてはチェック柄に近く、同じヴィトンである「モノグラム」とはまったく異なるデザインであること。

元々は、モノグラムの色調を踏襲した「うす茶色×焦茶色」のモデルだけであったが、2007年ごろより女性向けの白×青のモデル、2008年頃から男性向けの黒×グレーのバリエーションも登場しました。

最近では、デザインが良いためか、日本では若者の支持が高いです。

なお、茶系のものが「エベヌ」、白系のものが「アズール」、黒系のものが「グラフィット」という名称がついています。

「エベヌ」は単にダミエと呼ばれるのに対して、白系はアズール、黒系はグラフィットと呼ばれる。価格、形式などはモノグラムとは基本的に変わりません。

じつは「エベヌ」のオリジナルデザインは「モノグラム」よりも歴史は古いですが、簡単な紋様であったために模倣されることが多く、「モノグラム」が主流になってからは長い間販売ラインから落とされていました。

PR

Copyright (C) 2017 ブランドバッグ・コンシェルジュ All Rights Reserved.