ホーム > SAINT LAURENT・サンローラン

新デザイナーによって一新した『SAINT LAURENT(サンローラン)』

SAINT LAURENT
SAINT LAURENT

40年に渡りトップデザイナーとしてフランスファッション界に貢献した「イヴ・サンローラン」が設立した『SAINT LAURENT』

2012年に新たにエディ・スリマンをデザイナーに迎え新たなアイコンバッグを発表。新しいエッセンスを持つサンローランのバッグは発表後すぐに人気に。

サンローランのコインケースを徹底解析

サンローランのコインケース
サンローランのコインケース

サンローランのコインケースの詳細や使い心地を実際に使ってみた感想をまとめてみました!

サンローランのコインケースの詳細はこちらから >>

SAINT LAURENT(サンローラン)の人気ラインナップ

エディが最初に発表したアイコンバッグ『ダッフル』

saint01

エディ・スリマンがデザイナーに就任して最初に発表したこのダッフルは既に人気のバッグに。

黒の他にカラーバリエーションが豊富なのも人気の理由で、フューシャなどのビビットな色も人気。

カラーも豊富で定番化してきていることもあり、オシャレ女子に人気のバッグ。

 

カジュアルから上品な装いまで『サック・ド・ジュール』

saint02

ダッフルに続き人気のバッグがこの『サック・ド・ジュール』

ケイト・モスやジェシカ・アルバが愛用していることも人気を後押ししている。

A4サイズが入るものから小さなサイズも登場したことで更に人気となっている。

ブランドロゴをフロントに施した上品なデザインはカジュアルな装いにプラスしても、上品な装いにも合わせて使えるバッグだ。

SAINT LAURENT(サンローラン)の歴史

1962年、恋人のピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンとイヴ サンローランはオートクチュールのメゾン「イヴ サンローラン」を設立。

【イヴ サンローラン】

1936年アルジェリアの裕福な家庭に生まれる。子どもの頃にパリに引っ越し、母親の勧めもあり1953年17歳の時にリのシャンブル・サンディカル・デ・ラ・クチュールファッションデザイン学校に入学。

3ヶ月のコースの終了の頃にIWS(国際羊毛事務局)主催のデザインコンクールに応募しドレス部門で発表したカクテルドレスが最優秀賞を受賞。このときコート部門の受賞者はカール ラガーフェルド。

このコンクールがきっかけで1954年クリスチャン・ディオールに招き入れられる。

1957年クリスチャン・ディオールが死去したことでディオールの遺志により21歳で後継デザイナーに就任。

1960年アルジェリア戦争に徴兵されたことを機にディオールを解雇され去る。除隊後ブランドを設立。

1966年、プレタポルテラインである「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」のブティックをパリに開設。同年、カトリーヌ・ドヌーブの出演映画『昼顔』の衣装もデザイン。

1993年パリで「デ・ドール賞」を受賞。

2000年現ランバンデザイナーであるアルベール・エルバスが婦人服、エディ・スリマンが男性服デザイナーを辞任。

2001年リヴ・ゴーシュのデザイナーにトム・フォード就任。

2001年シラク大統領よりレジオンドヌール勲章コマンドゥールを授与される。しかし同年グッチ・グループにより買収される。翌2002年パリのオートクチュールコレクションを最後に引退。これを機にオートクチュール部門を閉鎖。

2004年トム・フォード辞任。

2005年ステファノ・ピラーティがクリエイティブ・ディレクターに就任。

2008年イヴ・サンローラン死去

2012年ステファノ・ピラーティに代わり、エディ・スリマンがクリエイティブ・ディレクターに就任し、アパレル系商品のラインが「サンローラン・パリ」へと改称されロゴも新たに生まれ変わる。

2013年ケリンググループ保有会社となる。

PR

Copyright (C) 2017 ブランドバッグ・コンシェルジュ All Rights Reserved.