ホーム > モダンなデザインの中に伝統の職人技が光る 『FURLA(フルラ)』

モダンなデザインの中に伝統の職人技が光る『FURLA(フルラ)』

1927年にアルド・フラネットと妻によりスタートしたFRULA。
Made in Italyの職人技を随所に感じさせ、フェミニンさとカジュアルさのバランスのとれたデザインが人気。
革選びから縫製まで職人によりこだわり抜かれていながら、他メゾンブランドに比べてお値段も抑えめという点も人気の理由の一つ。

FURLAの人気ラインナップ

自分だけの一点を…【METROPOLIS(メトロポリス)】

820718

FURLAのイットバッグであるメトロポリス。
ミニバッグの人気に乗り、モデルがインスタグラムでアップしていたことからも人気に。
フラップ部分を自分の好きな色や素材を選んでカスタム出来るというのも人気の理由。
メトロポリスならモードからフェミニンまでテイストの幅が広く、自分だけの一点を見つけられること間違いなし。

FURLAの歴史

1927年よりアルド・フラネットと妻マルゲリータによりアクセサリー関連の革を扱った会社を設立。
イタリアに多い家族経営のブランドとして大きくなっていく。

1955年 ボローニャにショップをオープンさせる。

1970年代 ブランドとしての「FURLA」を設立させる。

1980年代 海外進出。

2001年 ホームコレクションのライセンスアイテムを展開。

2003年 シューズコレクションを展開。

2006年 メンズラインの展開

現在は3代目に引き継がれており、その事業も多岐に渡っている。

PR

Copyright (C) 2017 ブランドバッグ・コンシェルジュ All Rights Reserved.