ホーム > ブランドバッグのクリーニング

ブランドバッグのクリーニングについて

ブランドバッグのレザー製品のシミや汚れは治らないと思ってませんか?

確かにレザー製品のシミや汚れは、通常のクリーニングで落とす事は難しいです。
そしてレザー製品を染み抜きなどをすると色落ちしてしまいます。

しかし、最近ではプロのクリニング業者が多くあり、価格もお手頃なのでおすすめです。
素人が下手にクリーニングするより、大切なものは、その道のプロにお任せするのが最善です。

クリーニングでどのくらいキレイになるのか?

新品に戻すことは不可能ですが、贈り物でいただいた場合や長く使いたいバッグは買い替えずに愛用することをおすすめします。

新品に戻すことは不可能であってもプロに頼めばシミや汚れを落とし、
キレイにすることは可能です。

たとえば、クリーニングすれば必ずと言っていいほど「色落ち」してしまいます。

しかし、バランドバッグ・クリーニングのプロに任せれば、その「色落ち」カラーリペア(部分染め直し)で治す技術がありますのでキレイに治してくれます。

また、カラーリペアはシミの部分のみ修正する事が可能です。

ブランドバッグのクリーニングの種類

状態にもよりますが、大きく分けると2つ。
【基本的なクリニング】シミや汚れを落としてカラーリペア
【基本クリニング&キズ、スレのリペア】シミや汚れ&カラーリペアとキズ、スレなども修繕

【シミや汚れを落としてカラーリペア】

クリーニング+仕上げ(カラーリペア)(目安:1週間程度)

レザー素材と風合いを大切にしながら、洗浄しレザーの風合い・清潔を重視した有色クリームによる仕上げる。

【基本クリニング&キズ、スレのリペア】

クリーニング+仕上げ(カラーリペア)(目安:1週間程度)

レザーの素材や風合いを残しつつ、見た目を美しく整えていく着色。キズ・スレなどの対応もしてくれます。キズ・スレのあるブランドバッグのケアに見た目の美しくさを求められる方におすすめ。

このクリーニングについては、各店舗により得意・不得意のブランドがありますので、お問い合わせやお見積りをしてみると良いでしょう。

ブランドバッグのクリーニングの際の注意点

【 仕上がりについて 】
バッグの状態により購入時(新品)のようにはなりません。
本革製品に染色する場合、レザーの風合い、質感、手ざわりが変化します。
バッグのステッチなども若干染まります。
クリーニング後、若干縮む場合がある。
製品により異なりますが縮みの許容範囲がある。

【 シミについて 】
時間が経過しているシミは落ちにくくなりますので早めにクリーニングすることをおすすめします。
本革スウェードの汚れは若干残る場合がる。

【 破れについて 】
クリーニングによって、使用により弱っていた部分に負担がかかり破れる場合がある。

【 賠償について 】
万が一、運送中の事故、クリーニング中の事故などがあります。
保証なども各店舗によりことなりましのでご確認ください。

※早めの処置で大切なブランドバッグを長持ちさせて永く愛用できるように心がけましょう!

PR

Copyright (C) 2017 ブランドバッグ・コンシェルジュ All Rights Reserved.