ホーム > 職人技と敏腕デザイナーの融合が鍵『BOTTEGA VENETA (ボッテガ・ヴェネタ)』

職人技と敏腕デザイナーの融合が鍵
『BOTTEGA VENETA (ボッテガ・ヴェネタ)』

1966年モルテド夫妻により北イタリアのヴィチェンツァにて創設された「ボッテガ ヴェネタ」。

熟練した職人技により生み出された数々の製品の中でも、滑らかななめし革の革紐を用いた編みこみバッグ「intrecciato(イントレチャート)」は不動の人気を築いている。

ボッテガ(工房)という名の通りクラフトマンシップに根ざした製品作りは多くの顧客の信頼を勝ち取り、バッグ・小物・アクセサリーはもちろんウエアまで展開するほどになっている。

名だたるブランドの中で唯一ロゴを持たないブランドでもあり、その哲学は、「自分のイニシャルだけで十分(When your own initials are enough)」という有名なモットーに表れている。

BOTTEGA VENETAの人気ラインナップ

イントレチャートが不動の人気【オリンピアバッグ】

ボッテガヴェネタと言えば滑らかになめされた革紐を編み込んだイントレチャートが有名だが、やはり人気のバッグもこのイントレチャートだ。

色や形はその時のトレンドのエッセンスを盛り込んでいながらもシンプルで存在感がある。

最近は小さめなバッグがトレンドだが、この他にもトートやボストンなど様々な形の展開があることやロゴを配さないシンプルなデザインは世代を越えて愛されている。

イントレチャートが不動の人気【オリンピアバッグ】
イントレチャートが不動の人気【オリンピアバッグ】

BOTTEGA VENETAの歴史

・1966年 北イタリアのヴィチェンツァにてモルテド夫妻により創設される。
・1974年 アオイにより日本に紹介され展開をされる。
・2001年 グッチグループに加入する。
・同年エルメスやソニア リキエル・オムでデザインを手掛けていたこともあるトーマスマイヤーをクリエイティブディレクターに起用する。
・2002年 ミラノ、パリ、ロンドンに続き、トーマス マイヤーが監修を務めた新コンセプトの旗艦店「ボッテガ ヴェネタ青山」がオープン。(現在は表参道ヒルズ1Fへ移転)
・2004年 PPR社の傘下になってからは宝飾品、時計、家具など、服飾・バッグ・小物類以外の分野へも進出している。
・2006年 次世代の革職人を育て・支援するための学校を設立。
・2007年 世界最大規模の基盤店として銀座店をオープンさせる。
・2011年 ライセンス展開で香水の展開をスタート。

PR

Copyright (C) 2017 ブランドバッグ・コンシェルジュ All Rights Reserved.